日曜日, 1月 21, 2007

大道廃れて仁義あり   「老子」の第十八章に出て来る言葉。大道とは老子が第一章で「道の道とすべきは常の道にあらず」??およそこれが道だといわれている道は永遠の道ではない??と言っている「常の道」のことである。  老子によれば永遠の道は自然の原理、ないしは自然そのもののことである。自然の中の一つの現象にすぎない人間も、永遠の道に支配されている。自然にはこれがよいということも、これがわるいということもない。あるものがあるにすぎない。にもかかわらず、この人間が自分らの行為について、これが正しい、これが正しくないと道徳的な価値判断をやり、その価値判断にとらわれることは永遠の道にさからい、自然にさからうことである。だから仁義という価値判断が人々の口にことさらに強く主張される時、それは人間が永遠の道を忘れ、あるいはみずから放棄してしまった時だ、ということになる。人間は「大道が廃れる」と、自分自身が自分の考えで作り出した道徳的価値判断により、他人を裁き世の中を裁こうとする。仁義の尊ばれる時、それは世の乱れた時である。  人間に仁や義を強要したり、あるいは道徳的に教育しようとしたり、また道徳的に他人をさばこうとしたりする思想や行動は、すべて人間本来の自然をみずからの手で破壊することにすぎない。あるいはさらに敵対者を作り、争乱を起すこととなる。人間にはなにほどかの道徳が必要であろう。しかし道徳に絶対的な権威を与えることは、従って他人に道徳を強要することは、やはり人間が自分自身を自分の手で破壊する行為であろう。この関係を老子は「大道廃れて仁義あり」と逆説的な言い方をして表現した。たしかに人間と人間の歴史が時たま演ずる不自然な思いあがりを指摘した点で、この言葉は真理である。  「中国故事物語」